青汁の製法や形状のいろいろ:青汁通販効果

青汁を製法・形状で分類

青汁は製法・形状によっても種類があります。

原料が異なる場合と同じく、製法や形状がちがっても飲みやすさや風味は違ってきます。

ライフスタイルや自分に適した青汁を探す際にお役立て下さい。


冷凍タイプの青汁
名前の通り液体青汁を冷凍させたものをいいます。

青汁そのものの味がするので少し飲みにくいかもしれませんが、急速に凍らせて作られているのでフレッシュ感があります。

この青汁の飲み方は、冷凍庫に入れて保管し、飲む分だけ解凍して飲みます。

解凍して時間がたつにつれて味やにおいが変わってきてしまいます。

また、栄養成分も失われていきますので、解凍したら早めに飲みましょう。


粉末タイプの青汁
粉末タイプの青汁(顆粒タイプ)は、青汁を乾燥させたもので、乾燥タイプという呼び方もあります。

時と場所を気にせず飲むことができるということや長期間にわたる保存が可能という点などの使い勝手がいいです。

また、サラサラとした水に溶けやすい粉末青汁や多くの粉末タイプの青汁が出回っています。

粉末タイプは青汁独特の味が抑えられていて、多くのものが飲みやすく、おいしく青汁を飲めます。

フリーズドライの青汁
フリーズドライタイプの青汁とは青汁を急に凍らせ、真空で乾燥させることはご存知ですか?

味噌汁やスープなどのインスタント食品などと同様の製法です。

飲む時は、水で戻してから飲むようにしましょう。

気になるビタミンへの影響ですが、高熱処理ではありませんので、 青汁そのもののビタミンなどの栄養を壊してしまうことはありません。お手がるに青汁を飲みたい方には最適な青汁です。

粒状の青汁
青汁を乾燥させてできた粉末を固めたものが青汁粒です。青汁の臭いなどがなく、青汁が苦手な方に人気のタイプです。

青汁粒だとサプリメント感覚で、気軽に青汁を摂ることができます。

長期保存もできますし、おでかけの際に、もっていくこともできるのがいいですね。

女性が注目するうわさのあしたば青汁!
10%増量で養生青汁を買いたい女性の方へ。

青汁通販効果のトップページ