ケールの栄養素:青汁通販効果

ケールの栄養素:青汁通販効果

ケールが青汁の原料として人気なのはまず、栄養が豊富なことにあります。

特に、ビタミンA(β-カロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン食物繊維やカルシウム、リンやカリウム、 たんぱく質などといったミネラルが他の野菜にくらべかなり豊富です。

ケールによって多少違いはあると思いますが、ビタミン、ミネラルを代表的なものと比べてみると

  • ビタミンCはみかんの約2.5倍
  • カルシウムは牛乳の約2倍
  • カロチンはトマトの約5倍
  • ルティンはほうれん草の約2倍
  • ビタミンEはピーマンの約3倍
といった感じです。

このことからケールは「スーパー野菜」「青汁の王様」と呼ばれ、青汁の原料として必要な存在となっています。

厚生労働省が発表しているデータによると、野菜の1日の必要摂取量は以前より増え、 野菜350〜400gの摂取が成人に必要だといっています。

健康日本21(栄養・食生活)

キャベツ中1個分ぐらいが300gなので、生の野菜だけで1日の必要摂取量を摂るのは大変ですね。

そこで、補助として青汁を利用すれば1日の必要摂取量を気軽に摂ることができます。

女性が注目するうわさのあしたば青汁!
10%増量で養生青汁を買いたい女性の方へ。

青汁通販効果のトップページ