青汁に使われるケール:青汁通販効果

青汁の王様「ケール」

ケールとはアブラナ科の野菜で、発祥の地は古代ギリシャといわれていて、キャベツの原種といったものです。

ケールは一年中栽培できること、野菜の中でも特に成分がよいこと、飲みにくくない味であること、収穫量の多いこと、 刺激性がないことなどなどの点から青汁に最適と考えられています。

ケールにもいろいろな品種がありますが、青汁にするためには、ツリーケールという木立性の大葉種がすぐれています。

キャベツを大きくしたような感じです。キャベツのような玉が、地面にできるのではありません。茎が生えて、そこから「葉っぱ」が育つのです。

ただ、日本のスーパーなどで生の野菜としてみかけることがないので、あまりなじみがないですね。

女性が注目するうわさのあしたば青汁!
10%増量で養生青汁を買いたい女性の方へ。

青汁通販効果のトップページ